リアリティを失った日本の死刑<法律時評>
・著者名 浜井浩一
・掲載誌等 「法律時報」90-11, p1-3
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2018.10
・ISSN 0387-3420

死刑違憲論を考える―「存在してはならない生」の概念(大量執行の異常)
・著者名 木村草太
・掲載誌等 「世界」912, p50-56
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2018.9
・ISSN 0582-4532

死刑(刑事政策の新動向3)
・著者名 本庄武
・掲載誌等 「月刊法学教室」453, p105-110
・発行所 有斐閣
・発行年月日 2018.6
・ISSN 0389-2220

生命の法的保護の矛盾撞着(2・完)死刑の正当化事由をめぐって
・著者名 長井圓
・掲載誌等 「中央ロー・ジャーナル」15-1, p73-108
・発行所 中央大学法科大学院
・発行年月日 2018.6
・ISSN 1349-6239

生命の法的保護の矛盾撞着(1)死刑の正当化事由をめぐって
・著者名 長井圓
・掲載誌等 「中央ロー・ジャーナル」14-4, p53-85
・発行所 中央大学法科大学院
・発行年月日 2018.3
・ISSN 1349-6239

フランスにおける死刑廃止への道程:Philippe MAURICE事件を素材として
・著者名 井上宜裕
・掲載誌等 「法政研究」(九州大学) 84-3, p1-15
・発行所 九州大学法政学会
・発行年月日 2017.12
・ISSN 0387-2882
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/2324/1901722
 
死刑判決と日米最高裁
・著者名 小早川義則
・発行所 成文堂
・発行年月日 2017.12
・ISBN 9784792352325

死刑の是非 (刑事法のなかの憲法7)
・著者名 村井敏邦
・掲載誌等 「時の法令」2035, p49-51
・発行所 朝陽会
・発行年月日 2017.10.15
・ISSN 0493-4067

死刑 その哲学的考察 (ちくま新書1281)
・著者名 萱野稔人
・発行所 筑摩書房
・発行年月日 2017.10
・ISBN 9784480069870

死刑(1) (ジャック・デリダ講義録)
・著者名 ジャック・デリダ, 高桑和巳/訳
・発行所 白水社
・発行年月日 2017.7
・ISBN 9784560098035

死刑廃止と拘禁刑の改革を考える―寛容と共生の社会をめざして 第59回人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書
・著者名 日本弁護士連合会第59回人権擁護大会シンポジウム第3分科会実行委員会/編
・発行所 緑風出版
・発行年月日 2017.5
・ISBN 9784846117078

死刑廃止をめぐる合衆国最高裁の動向
・著者名 小早川義則
・掲載誌等 「名城ロースクール・レビュー」39, p1-49
・発行所 名城大学大学院法務研究科
・発行年月日 2017.4

死刑廃止のための論点:日本における議論の起点および韓国における死刑の執行停止(モラトリアム)と廃止の展望
・著者名 新倉修, 鄭裕靜
・掲載誌等 「青山法務研究論集」13, p3-30
・発行所 青山学院大学法務研究学会
・発行年月日 2017.3
・ISSN 2185-0631
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) https://www.agulin.aoyama.ac.jp/opac/repository/1000/19810/

Q&A日本と世界の死刑問題
・著者名 菊田幸一
・発行所 明石書店
・発行年月日 2016.10
・ISBN 9784750344201

死刑と生命権(再論):死刑憲法13条違憲論は死刑廃止に役立つか
・著者名 生田勝義
・掲載誌等 「立命館法学」365, p110-141
・発行所 立命館大学法学会
・発行年月日 2016.6
・ISSN 0483-1330
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/10367/7521

死刑の「議論」への疑問-千葉元法務大臣へのインタビューをめぐって
・著者名 Johnson, David T., 岩川直子・指宿信/訳
・掲載誌等 「世界」882, p228-235
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2016.5
・ISSN 0582-4532

「なぜ執行」の問いを抱えて-国民的議論の扉をどう開いていくか 千葉景子・元法務大臣インタビュー(特集 日本にはなぜ死刑がありつづけるのか)
・著者名 千葉景子, 堀川恵子/聞き手
・掲載誌等 「世界」879, p160-170
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2016.3
・ISSN 0582-4532

日本にはなぜいまだに死刑制度があるのか(特集 日本にはなぜ死刑がありつづけるのか)
・著者名 Johnson, David T., 岩川直子・指宿信/訳
・掲載誌等 「世界」879, 171-182
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2016.3
・ISSN 0582-4532

検証・司法制度改革(2)-裁判員裁判・関連して死刑存廃論を中心に
・著者名 萩原金美
・発行所 中央大学出版部
・発行年月日 2016.3
・ISBN 9784805707333

死刑存廃論の系譜と展開(特集 死刑の論点)
・著者名 前田朗
・掲載誌等 「法学セミナー」61-1, p35-39
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2016.1
・ISSN 0439-3295

死刑制度を考える(上)-死刑問題シンポジウム 沖縄<特集> 死刑制度存廃論の状況―平成26年度政府世論調査結果を参考に p3-5, 死刑廃止沖縄シンポジウム紹介文 p5, 平成26年4月死刑問題シンポジウム(反訳)p6-26
・掲載誌等 「判例時報」2264, p3-26
・発行所 判例時報社
・発行年月日 2015.9.21
・ISSN 0438-5888

死刑と生命権についての一考察
・著者名 生田勝義
・掲載誌等 「立命館法学」360, p1-32
・発行所 立命館大学法学会
・発行年月日 2015.8
・ISSN 0483-1330
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/10367/6422

日本から死刑を廃止するために<特別企画>なぜ、死刑制度は廃止されなければならないのか?<基調報告>(菊田幸一)p22-29全文無料公開ページ, 死刑か、仮釈放のない終身刑か-カリフォルニア州とテキサス州を調査して(小川原優之)p29-34全文無料公開ページ, 死刑をやめた韓国の今(朴秉植)p34-46全文無料公開ページ, 死刑制度に対するEUの視座(ダヴィド・ミリオ, 中西優美子/訳)p46-51全文無料公開ページ
・著者名 専修大学今村法律研究室, 菊田幸一・小川原優之・朴秉植・Milliot, David, 中西優美子/訳
・掲載誌等 「専修大学今村法律研究室報」62, p22-51
・発行所 専修大学今村法律研究室
・発行年月日 2015.3
・ISSN 2189-5716

〔コメント〕欧州連合の死刑廃止への道(メイヴ・コリンズ/石塚伸一訳)(地球的視野の下での日本における死刑の公正と適正手続―2014年アジア犯罪学会(大阪)の死刑セッション報告<研究ノート>) 
・著者名 Collins, Ma
・掲載誌等 「龍谷法学」47-4, p154-159
・発行所 龍谷大学法学会
・発行年月日 2015.3
・ISSN 0286-4258
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/10519/6017

日本の死刑論/死刑存廃論争の現状と再定位-趣旨説明を兼ねて(小特集 世論・裁判員裁判と死刑
・著者名 伊東研祐
・掲載誌等 「法律時報」87-2, p54-55
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2015.2
・ISSN 0387-3420

死刑肯定論 (ちくま新書1107)
・著者名 森炎
・発行所 筑摩書房
・発行年月日 2015.1
・ISBN 9784480068132

わが国における「誤判」と「死刑廃止論」との関連についての一考察
・著者名 三原憲三
・掲載誌等 「刑事法学におけるトポス論の実践-津田重憲先生追悼論文集」所収 p1-27
・発行所 成文堂
・発行年月日 2014.3
・ISBN 9784792351052

死刑存廃と釈尊の教え
・著者名 堀敏明
・掲載誌等 「近代刑法の現代的論点-足立昌勝先生古稀記念論文集」所収 p365-379
・発行所 社会評論社
・発行年月日 2014.3
・ISBN 9784784514908

死刑廃止への戦略-死刑に代替する終身刑の導入
・著者名 菊田幸一
・掲載誌等 「刑事法学におけるトポス論の実践-津田重憲先生追悼論文集」所収 p247-283
・発行所 成文堂
・発行年月日 2014.3
・ISBN 9784792351052

終身刑導入と死刑制度の行方
・著者名 菊田幸一
・掲載誌等 「世界」854, p201-212
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2014.3
・ISSN 0582-4532

いま死刑制度とそのあり方を考える
・著者名 井田良
・掲載誌等 「いま死刑制度を考える」所収 p1-30
・発行所 慶応義塾大学出版会
・発行年月日 2014.2
・ISBN 9784766421002

死刑制度
・著者名 フランツ・シュトレング, 小名木明宏/訳
・掲載誌等 「いま死刑制度を考える」所収 p87-104
・発行所 慶応義塾大学出版会
・発行年月日 2014.2
・ISBN 9784766421002

死刑存廃論における一つの視点
・著者名 高橋則夫
・掲載誌等 「いま死刑制度を考える」所収 p31-40
・発行所 慶応義塾大学出版会
・発行年月日 2014.2
・ISBN 9784766421002

日本の死刑制度について考える
・著者名 椎橋隆幸
・掲載誌等 「中央ロー・ジャーナル」10-3, p93-105
・発行所 中央大学法科大学院
・発行年月日 2013.12
・ISSN 1349-6239

再考・死刑制度と被害者支援:各論文の解題を兼ねて(特集 死刑制度と被害者支援について考える)
・著者名 井田良
・掲載誌等 「法学研究」(慶応義塾大学) 86-6, p1-12
・発行所 慶応義塾大学法学研究会
・発行年月日 2013.6
・ISSN 0389-0538
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00224504-20130628-0001

死刑存廃論における一つの視点:応報的正義(Retributive Justice)から修復的正義(Restorative Justice)へ(特集 死刑制度と被害者支援について考える)
・著者名 高橋則夫
・掲載誌等 「法学研究」(慶応義塾大学) 86-6, p13-20
・発行所 慶応義塾大学法学研究会
・発行年月日 2013.6
・ISSN 0389-0538
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00224504-20130628-0013

死刑存廃論議における誤判冤罪問題の位相
・著者名 本庄武
・掲載誌等 「改革期の刑事法理論-福井厚先生古稀祝賀論文集」所収 p520-545
・発行所 法律文化社
・発行年月日 2013.6
・ISBN 9784589035233

死刑廃止の論拠-誤判問題の更なる課題
・著者名 菅原由香
・掲載誌等 「国学院法政論叢」34, p17-44
・発行所 国学院大学法学会
・発行年月日 2013.3
・ISSN 0388-9602

孤立する日本の死刑
・著者名 Johnson, DavidT., 田鎖麻衣子
・発行所 現代人文社(発売大学図書)
・発行年月日 2012.12
・ISBN 9784877985332

死刑廃止論の歴史と現状
・著者名 村上一博
・掲載誌等 「平和憲法と人権・民主主義」所収 p138-149
・発行所 法律文化社
・発行年月日 2012.10
・ISBN 9784589034533

日本における死刑廃止の障害物 (世界の刑事司法-変動するアジアの死刑8 最終回)
・著者名 Johnson, DavidT., 田鎖麻衣子/訳
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」71, p182-187
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.7
・ISBN 9784877985097

死刑廃止の国際的潮流と我が国の死刑制度<研究ノート>
・著者名 五十嵐宙
・掲載誌等 「青山ローフォーラム」1-1, p137-155
・発行所 青山学院大学大学院法学研究科
・発行年月日 2012.5
・ISSN 2187-1671

アジアの死刑から学ぶこと(2)-多様性と特徴 (世界の刑事司法―変動するアジアの死刑7)
・著者名 Johnson, DavidT., 田鎖麻衣子/訳
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」70, p170-175
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.4
・ISBN 9784877985080

私たちは「犯罪」とどう向き合うべきか-(死刑廃止について全社会的議論を呼びかける)宣言採択
・著者名 小林修
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」69, p27-30
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.1
・ISBN 9784877985073