いわゆる「洲本5人刺殺事件」 出典
事件発生日 2015年3月9日 一審判決
被告人/受刑者 平野達彦 朝日15.3.9朝
年齢 逮捕時(15.3.9) 40歳
事案の概要 2015年3月9日の早朝、淡路島・洲本の民家2軒で5人がサバイバルナイフで殺害された事件。近隣住人である被告人が逮捕された。被告人は精神刺激薬を長期間大量に使用したことにより薬剤性精神病に罹患しており、その供述によると、電磁波兵器・精神工学兵器を使用した『精神工学戦争』の工作員である2家族(被害者ら)により自分も家族も攻撃されていると考え、被害者一家らへの報復及び国家ぐるみで隠蔽されている精神工学戦争の存在を裁判の場で明らかにすることを目的として5人を殺害したという。裁判では責任能力の有無が争われた。
第一審 裁判年月日 2017(平29)年3月22日 裁判所ウェブサイト

判決全文[PDF]

裁判所名・部 神戸地方裁判所 第2刑事部
事件番号 平成27(わ)930
量刑 死刑
裁判官 長井秀典 倉成章 日巻功一朗
責任能力についての判断 起訴前後の二つの精神鑑定の結果などから、被告人が薬の大量服用で薬剤性精神病になったのは明らかだが、「殺害の実行に病気の影響はほとんど見られない」として完全責任能力を認めた。
控訴審 裁判年月日 2020(令2)年1月27日 朝日20.1.28朝

D1-Law

裁判所名・部 大阪高等裁判所 第6刑事部
事件番号 平成29(う)501
結果 破棄自判
裁判官 村山浩昭 畑口泰成 宇田美穂
責任能力についての判断 犯行が妄想性障害の強い影響を受けたことは明らかであるが、「自身を制御する能力は完全には失われていなかった」として心神耗弱状態だったとし、死刑から減刑した。
上告審 裁判年月日 被害者の遺族らは検察側の上告を求めていたが、高検は「適法な上告理由を見いだせなかった」として上告を断念。弁護側は上告。 毎20.2.13大阪朝
備考 2015年3月9日の午前4時頃、淡路島・洲本市の1軒の民家で2人がサバイバルナイフで殺害され、午前7時過ぎには約100メートル離れた民家で3人が同様に殺害された。現場付近に立っていた近隣住民である平野達彦被告人の服には血がついており、本人が各犯行を認めたため現行犯逮捕された(朝日20.1.28朝)。平野被告人が逮捕時に携行していたボイスレコーダーには各犯行時の音声が記録されていたという。

起訴前後に2度の精神鑑定が行われ、いずれも向精神薬を長期間服用したことによる「薬剤精神病」と診断がなされた(朝19.7.18朝)。

第一審の裁判員裁判において、平野被告人は、「工作員に仕組まれた完全な冤罪だ」と述べ、無罪を主張(中日17.2.8夕)。被害者参加制度に基づいて遺族が直接質問したが、供述を全て拒否した(読17.2.16大阪朝)。弁護側は、(1)被告人は精神工学兵器を使用して対象者に特定の感情・思考を植え付ける「ブレインジャック」なる技術によって強制的に殺意を植え付けられたものであるから、無罪である(被告人もそのように供述)、(2)被告人の本件各犯行は被害者一家らが工作員として行っていた電磁波兵器・精神工学兵器による攻撃に対する反撃として位置づけられる(被告人もそのように供述)、(3)被告人は各犯行当時、薬剤性精神病の影響により心神喪失あるいは心神耗弱の状態にあった疑いがある、と主張した。
判決は(1)(2)を否定し、また被告人の主張である正当防衛・緊急避難の成立も否定したうえで、(3)被告人は精神刺激薬リタリンを長期間大量に使用したことにより薬剤性精神病に罹患し、その症状として体感幻覚、妄想着想、妄想知覚等があった。各犯行の動機は妄想を前提とするもので、薬剤性精神病の影響はあるが、被告人には自分の行為が殺人として犯罪になるという認識があり、また、犯行前後の被告人の行動が合理的で一貫し、ある程度の計画性があることなどから、被害者らの殺害を決意し実行した被告人の意思決定と行動の過程には病気の症状は大きな影響を与えていない、とした。また、精神鑑定を行った医師の証言によると被告人は精神工学戦争に関する告発活動を続けるうちに自分は精神工学戦争と対峙する偉大な人間であるという誇大感を抱くようになっており、被告人が殺害という手段を選択したのは、工作員と戦うことは正しいことであって工作員を殺害することが正義であるという考えに至ったからであると考えるのが自然であり、被告人が社会に対して平素から感じていた劣等感・負い目なども考慮すると、そのような思考の流れに大きな飛躍はなく病気の影響は小さい、として完全責任能力を認め、死刑とした。

控訴審では、大阪高裁が独自に再鑑定を依頼した医師が「事件当時、被告は妄想性障害だった」「事件当時は被害妄想が圧倒的に影響していた」として、第一審とは異なる鑑定結果を明らかにした(毎19.7.18大阪朝)。
判決は、第一審の鑑定医の証言が高裁で変遷するなどしており、控訴審の鑑定のほうが信用性が高いと判断、犯行当時の被告人を心神耗弱状態だったと認定し、第一審の死刑判決を破棄して無期懲役とした(朝日20.1.28朝)。

事件前、インターネットのサイトに平野被告人とみられる人物が被害者を中傷する書き込みをしており、被害者側が兵庫県警に相談し、県警も見回りなどの対応をしていたという(朝日15.3.10朝)。また、平野被告人の家族らも10年前から計7回福祉事務所に相談、福祉事務所と市の職員が平野被告人を訪ねて面談したが、緊急性はないと判断していた(朝日15.3.13朝)。