ピースボート上の死刑論議(2) (刑事法のなかの憲法9)
・著者名 村井敏邦
・掲載誌等 「時の法令」2041, p56-58
・発行所 朝陽会
・発行年月日 2018.1.15
・ISSN 0493-4067

裁判員裁判における裁判所の役割について(付・死刑量刑評議のための裁判官の役割)
・著者名 橋本英史
・掲載誌等 「法学新報」(中央大学) 123-9・10, p309-332
・発行所 中央大学法学会
・発行年月日 2017.3
・ISSN 0009-6296

「なぜ執行」の問いを抱えて-国民的議論の扉をどう開いていくか 千葉景子・元法務大臣インタビュー(特集 日本にはなぜ死刑がありつづけるのか) 
・著者名 千葉景子, 堀川恵子/聞き手
・掲載誌等 「世界」879, p160-170
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2016.3
・ISSN 0582-4532

死刑と向き合う市民(特集 日本にはなぜ死刑がありつづけるのか)
・著者名 田口真義
・掲載誌等 「世界」879, p194-199
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2016.3
・ISSN 0582-4532

検証・司法制度改革(2)-裁判員裁判・関連して死刑存廃論を中心に
・著者名 萩原金美
・発行所 中央大学出版部
・発行年月日 2016.3
・ISBN 9784805707333

18歳の君に-あなたは、死刑を言い渡しますか?(特集 死刑の論点)
・著者名 石塚伸一
・掲載誌等 「法学セミナー」61-1, p12-21
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2016.1
・ISSN 0439-3295

Fairness and Due Process of the Death Penalty in East Asia―東アジアにおける死刑の公正と適正手続(1)<研究ノート>全文無料公開ページ, Is the Death Penalty in Japan Fair and Accurate?― Introduction to Special Edition (〔テーマへの導入〕日本の死刑は公正かつ適正か?) (Kana SASAKURA〔笹倉香奈〕)p181-187全文無料公開ページ, An Overview of Japan’s Death Penalty System (日本の死刑制度の概観)(Yusuke FUSE〔布施勇如〕)p188-198全文無料公開ページ, Death Penalty for the ‘Minorities’ in Japan (日本における『マイノリティ(人種・民族的少数者および知的障がい・精神疾患)』と死刑制度)(Yuki TAKAHASHI〔高橋有紀〕)p199-207全文無料公開ページ, Law Enforcement, Identifications and Interrogations (法執行、個人識別および取調べ) (Shinichi ISHIZUKA〔石塚伸一〕)p208-222全文無料公開ページ, Capital Jury Instructions in Japan (日本における素人裁判官(裁判員)への説示) (Kazuyuki HORI〔堀和之〕)p223-228全文無料公開ページ, Judicial independence and vigilance in Japan (司法の独立と訴訟関係人に関する監視)(Kazuyuki HORI〔堀和之〕)p229-233全文無料公開ページ
・著者 石塚伸一/監修, 笹倉香奈・布施勇如・高橋有紀・石塚伸一・堀和之
・掲載誌等 「龍谷法学」48-3, p179-243
・発行所 龍谷大学法学会
・発行年月日 2016.1
・ISSN 0286-4258

死刑と生命権についての一考察
・著者名 生田勝義
・掲載誌等 「立命館法学」360, p1-32
・発行所 立命館大学法学会
・発行年月日 2015.8
・ISSN 0483-1330
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/10367/6422

生命刑(死刑):国境を越えて見てみれば(特集 刑罰の現実と刑罰政策の新展開)
・著者名 松宮孝明
・掲載誌等 「法律時報」87-7, p8-15
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2015.6
・ISSN 0387-3420

日本における死刑をめぐる現在の状況と議論(地球的視野の下での日本における死刑の公正と適正手続-2014年アジア犯罪学会(大阪)の死刑セッション報告<研究ノート>)
・著者名 石塚伸一
・掲載誌等 「龍谷法学」47-4, p88-108
・発行所 龍谷大学法学会
・発行年月日 2015.3
・ISSN 0286-4258
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ) http://hdl.handle.net/10519/6009

裁判員制度と死刑情報の開示-裁判員制度は「死刑の存廃判断の深化」をもたらし得るか(小特集 世論・裁判員裁判と死刑)
・著者名 若林秀樹
・掲載誌等 「法律時報」87-2, p72-77
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2015.2
・ISSN 0387-3420

日本の死刑論/死刑存廃論争の現状と再定位-企画趣旨説明を兼ねて(小特集 世論・裁判員裁判と死刑
・著者名 伊東研祐
・掲載誌等 「法律時報」87-2, p54-55
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2015.2
・ISSN 0387-3420

終身刑を考える
・著者名 大阪弁護士会死刑廃止検討プロジェクトチーム[編] 
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2014.9
・ISBN 9784535520684

日本における死刑量刑手続きについて-その公正性・論理性そして憲法適合性
・著者名 四宮啓
・掲載誌等 「曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集(下)」所収 p771-830
・発行所 成文堂
・発行年月日 2014.3
・ISBN 9784792351076

初期の裁判員裁判における量刑傾向についての実証的研究-殺人罪事件に対する有期懲役刑の刑期の基準および死刑の適用基準についての検討
・著者名 渡邊一弘
・掲載誌等 「刑事法・医事法の新たな展開-町野朔先生古稀記念(下)」所収 p531-548
・発行所 信山社
・発行年月日 2014.3
・ISBN 9784797280661

日本の絞首刑-2つの新証拠は秘密主義の壁を打破できるか(下)
・著者名 Johnson, DavidT., 永田憲史
・掲載誌等 「世界」854, p213-223
・発行所 岩波書店
・発行年月日 2014.3
・ISSN 0582-4532

わが国の死刑適用基準について
・著者名 原田国男
・掲載誌等 「いま死刑制度を考える」所収 p61-86
・発行所 慶応義塾大学出版会
・発行年月日 2014.2
・ISBN 9784766421002

死刑と裁判員制度
・著者名 中村浩爾
・掲載誌等 「労働法と現代法の理論-西谷敏先生古稀記念論集(上)」所収 p231-250
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2013.11
・ISBN 9784535518520

裁判員裁判と死刑判決<増補版>
・著者名 小早川義則
・発行所 成文堂
・発行年月日 2012.12
・ISBN 9784792319632

孤立する日本の死刑
・著者名 Johnson, DavidT., 田鎖麻衣子
・発行所 現代人文社(発売大学図書)
・発行年月日 2012.12
・ISBN 9784877985332

死刑と正義 (講談社現代新書2183)
・著者名 森炎
・発行所 講談社
・発行年月日 2012.11
・ISBN 9784062881838

死刑事件審理のあり方-裁判員裁判経験弁護人からの改善提案(特集 裁判員裁判の改善に向けて-3年後見直しの論点と制度改革の展望)
・著者名 村井宏彰
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」72, p49-51
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012. 10
・ISBN 9784877985103

死刑求刑が予想される裁判員裁判において光市事件をどのように説明するか
・著者名 永田憲史
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」72, p111-115
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.10
・ISBN 9784877985103
・サンプルページ http://www.genjin.jp/book/b311079.html

捜査過程で入手・作成される書類と証拠開示請求
・著者名 前田裕司
・掲載誌等 「現代法律実務の諸問題<平成23年度研修版>(日弁連研修叢書)」所収 p465-493
・発行所 第一法規
・発行年月日 2012.8
・ISBN 9784474028050

光市母子殺害事件死刑判決 裁判員の判断を尊重 (インクのしずく156)
・著者名 土本武司
・掲載誌等 「捜査研究」61-4, p127-122
・発行所 東京法令出版
・発行年月日 2012.4
・ISSN 0286-8490

少年事件で死刑にどう向かうべきか 世論と専門的知見の相克の中で
・著者名 本庄武
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」70, p101-111
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.4
・ISBN 9784877985080
・サンプルページ http://www.genjin.jp/book/b311073.html

裁判員裁判における死刑判決の検討(テーマ企画 裁判員裁判の現状と課題)
・著者名 原田國男
・掲載誌等 「慶応法学」22, p93-110
・発行所 慶応義塾大学法科大学院
・発行年月日 2012.3
・ISSN 1880-0750
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AA1203413X-20120316-0093

裁判員制度における死刑問題
・著者名 藤吉和史
・掲載誌等 「志学館法学」13, p1-19
・発行所 志学館大学法学部
・発行年月日 2012.3
・ISSN 1345-5893
・全文無料公開ページ(機関リポジトリ)
https://shigakukan.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=715&item_no=1&page_id=13&block_id=21

国民を人間的・人道的判断から遠ざけているものは何か-絞首刑の残虐性が争われた裁判員裁判の意義<法律時評>
・著者名 四宮啓
・掲載誌等 「法律時報」84-2, p1-3
・発行所 日本評論社
・発行年月日 2012.2
・ISSN 0387-3420

死刑判決と裁判員の意見公開
・著者名 古川原明子
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」69, p198-204
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.1
・ISBN 9784877985073
・サンプルページ http://www.genjin.jp/book/b311066.html

少年に対する裁判員裁判 死刑事件を契機として
・著者名 武内謙治
・掲載誌等 「季刊 刑事弁護」69, p191-197
・発行所 現代人文社
・発行年月日 2012.1
・ISBN 9784877985073
・サンプルページ http://www.genjin.jp/book/b311067.html