平成27年10月7日(水)

死刑制度に関する質疑について

【記者】
先ほどの官邸での会見で,大臣は,死刑制度について「確定した裁判の執行が厳正に行われなければならない。」とおっしゃいました。死刑制度そのものの是非について,大臣のお考えをお聞かせください。また,執行方法についての議論もありますが,これに対する大臣のお考えをお聞かせください。
【大臣】
死刑制度の問題については,我が国の刑事司法制度の根幹に関わる重要な問題です。したがいまして,国民世論に十分配慮しつつ,社会における正義の実現等,種々の観点から慎重に検討すべき問題であると思います。
現在,国民の世論の多数が,極めて悪質,そして凶悪な犯罪については死刑もやむを得ないと考えており,死刑を廃止することについては適当ではないと私は思っています。その執行方法等について,いろいろ議論があることについても承知はしていますが,この点については,私自身これから様々な御意見をお伺いしながら,対応していきたいと考えています。
終身刑の導入に関する質疑について
【記者】
死刑の執行に関連しまして,昨年の世論調査で,終身刑を導入した場合にはどう考えるかという設問で,死刑の執行はやむを得ないという人の数はかなり減りました。それを踏まえた上で,大臣として終身刑の導入も踏まえた議論についてはどのようにお考えでしょうか。
【大臣】
このことについては,私自身,十二分に承知をしていない部分もありますので,事務担当者の方から説明をしっかりと聞いた上で考えてまいりたいと考えています。